愉快な家族

父と母、男の子と女の子の双子とお茶目な妹の慌しくも愉快な5人家族の日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、金融機関から上棟資金の振り込み書が送られてきました
実際のその金額の現金を見ることはありませんが、改めて金額の大きさに身が引き締まる思いでしたと同時に家族と大切な時間を過ごせるマイホームの為に頑張ろうという気持ちになりました
おそらく一生に一度のマイホームづくり、そしてこんなに大きな金額がかかることを本当に信頼できる方たちにでないとお願いできないですよね
我が家の信頼できるパートナーさんは「しあわせ家」さんです

そんな時、ふっと自分の営業していた時の事を思い出しました。
初めてのお客さんの事はしっかり覚えています
私からこんなにも高いものを買ってくれるんだぁと、ミスがないように、お客様にいやな思いをさせないように、そして喜んでもらえるようにって一生懸命考えていたことも・・・。
でも、日が経つにつれ高価なものを売っている意識も金額の大きさにも慣れてしまって最初のお客様と同じ気持ちで対応できていたか疑問です。
いや、絶対に出来ていなかったなぁ。。。
私にとっては30番目のお客様かもしれないけど、お客さまにとって私は初めて高価な物を買う相手だったかもしれない今更ながら申し訳なく思ったりして

「初心忘るべからず」昔の人はいいこと言うなぁ
スポンサーサイト
先日の「しあわせ家」田尻社長のブログは衝撃的でした
なぜかと言うと・・・「スタッフが、増えました」のスタッフが・・・田中さん

田中さんは私が初めて社会人になった時の先輩なのですあまりの驚きに1人で絶叫しました
転職するとのご連絡はもらっていたもののまさか、しあわせ家さんにだったとは

どんな営業マンだったかは田尻社長が既にご紹介済みですよね
後輩にもお客様にも人気のある先輩でした(ほめすぎかっ(笑))

これからもしあわせ家さんのスタッフとして活躍されること間違いなしですね

それから、先日のW見学会の時にお客様の声で『しあわせ家を選んだ理由』という問いに対し『鹿田さん』と書かれていたのにはビックリしました近くにいらした鹿田さんに思わず「すごいですね!!」って声かけちゃいました
だって、一生のうちでおそらく一番高いであろう家づくりを「この人が居るからここにします」なんてなかなか言ってもらえないですよね
ホントすごいと思いました

しあわせ家スタッフの皆さんはホント魅力的な方が多いですね

ちなみに我が家の長女は最近 田尻社長から我が家の設計を担当していただいている山口さんに心変わりです(笑)
今日、近所の病院にインフルエンザの予防接種に子供と一緒に行ってきました

本当は実家に次女を預けて行きたかったので、昨日小布施の某クリニックに電話をして予約を取る予定でした(電車の中に広告を出している親切心で頑張っていますを謳っているクリニック)
が、、、電話に出た女性の感じの悪さに カチン
基本的に争いごとは大嫌いな私。お店とかでお客だからって偉そうな態度を取る人も大嫌い!!でも、お客さんや患者さんに対して態度が悪い人はもっと許せないそれでもその道のプロかって思ってしまうのです。。。。(かなり熱くなっちゃいました
結局「3歳以上のお子さんしか受けられません」って断られたのですが、断られなかったとしても行きたいと思わなかっただろうなぁ。
ものには言い方というものがあると思う。いいことでも悪いことでも言い方一つで相手への印象や与えるイメージはまったく変わってくる。特に顔が見えない電話やメールはことさら気をつけるべきだと思う。
電話に出た女性がどんな人なのかは分からない・・・事務の方なのか、看護士さんなのか、もしかしたら先生なのかもしれない。いずれにせよ、どんなにいい先生が居たとしてもチームで仕事をする以上 電話の対応があれではあのクリニックに患者さんが増えるとは思えませんでした。

今日行った近所の医院は電話の感じもよく、「今ならすぐ出来ますよ」と親切に言っていただいたので、次女をおぶり双子の子達の支度をし、すぐに出かけました
先生はたまににも出ているやさしい女性の先生です。
受付の方も看護士さんもみんな温かい感じで、見るからに大変そうに見えたのか皆さんで「お母さん、大変ねぇっ」って注射で大泣きする長男と長女をあやしてくださいました。本当にありがたかったです。

今は専業主婦の私ですが、また数年後には仕事に就く予定でいます。
仕事ですから、大変なこともたくさんあると思います。でも、どの分野においても自分の仕事に誇りをもって働きたいと思います

昨日は、すごく嫌な思いをしたけど、そのおかげで今日の素晴らしい出会いがあったことに感謝しよっと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。