愉快な家族

父と母、男の子と女の子の双子とお茶目な妹の慌しくも愉快な5人家族の日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月12日は母の日でしたね♪私もいつも世話になりっぱなしの実母にすこし早めにですが、プレゼントができたのでよかった義母はもう他界しているため、夫の実家に行く時は必ずお花を用意していくようにしています本当は色んなことたくさん話したかったなぁと母の日に改めて思いました

そして私も母になり早4年・・・。まだまだ成長できていない母ですが、周りの支えもあり子供たちは元気に成長してくれていることがホントありがたい
最近は週末に出勤することも多く、仕事は楽しいし仲間もいい人たちだけど、子供たちのことを考えると本当にいい選択なのかと葛藤する日々も多かったりしました。
私が仕事の日は夫が子供たちを見てくれてそんな夫にも悪いなぁって思ったりして。。。

5月12日も仕事で母の日ということをすっかり忘れていましたが、家に帰ると夫が夕飯を用意して子供たちからプレゼントが用意されていました
なんか色んな意味で泣けちゃいました
「お母さん、今日もお仕事お疲れ様」って言ってくれた子供たちと支えてくれる夫に本当に感謝しちゃいました。
これから私なりに頑張りながらも、家族が一番幸せでいられるように考えていきたいなぁと思います

DSC_0486_convert_20130514111938.jpg

DSC_0487_convert_20130514111959.jpg



スポンサーサイト
3月3日に我が家でもひな祭りのお祝いをしました
イベント食に子供たちは大はしゃぎでした

DSC_0439_convert_20130307223741.jpg
写メに写っていないメニューはいたって普通ですが気分だけはひな祭りです

おひな様に加えて飾り物も増えましたよ
こちらは吊るし雛最近ではよく見られるようになりましたが、私が子供のころはそんなにこちらの地域にはなかったような・・・。
昔は、裕福なお家にしか雛人形は飾れなかったため女の子をもつお母さんやおばあさんが子供の成長を願って一針一針思いを込めて縫ったのが始まりのようです
おひな様と同じように一つ一つに女の子の成長への願いが込められた意味があります
本来はお雛さまの脇に飾るのですが、和室に飾る場所を考えていなかったし穴をあけるのも嫌だったのでリビングの照明に飾りました結果的にスポットライトをあびていい感じになりました

DSC_0443_convert_20130307223818.jpg

それからこちらは長男と長女が保育園で作ってきたおひな様
ひゃー、ちゃんと人の顔が描けるようになっていることに母は感動でした

DSC_0457_convert_20130307223900.jpg

最後に我が家のおひな様たち
全く落ち着きのないお内裏様とかわいいもの大好きなおひな様たち
楽しくひな祭りができました
次は息子お待ちかね端午の節句ですね

DSC_0446_convert_20130307223839.jpg
3月まで働かせていただいている今の職場は連日県外からのお客様を中心に賑わっておりますが、ひな祭りが近づいた本日は1000人近いお客様の来館で大忙しでした
そんな中、一際しあわせオーラを放っているご家族を発見しましたよ

はいこちら

逕ー荳ュ螳カ_convert_20130303002746

ちょうど休憩に入るところだったので、写真を撮らせてもらいました
何度UPしても画像が横向きになってしまってごめんなさい

美人の奥様とかわいいお子様とデレデレの田中さん(あっ!皆さん田中さんですが( *´艸`))
とってもほほえましくて素敵でしたよぉ
ご来館ありがとうございました

娘ちゃんお二人もたくさんのおひな様をご覧になって健やかに成長されますように



お久しぶりのブログ更新になってしまいました
何だか日々忙しくあっと言う間に1日が過ぎてしまう今日この頃です・・・。
新居での生活にも慣れ始め、とても快適に過ごせています♪
さて、今年は我が家も新居におひな様を飾ることができました
今までは実家からもらっておきながら、実家に飾っていました
最初は「要らないよぉ」と思っていましたが、娘たちの喜ぶ姿を見るともらって良かったと、何とも勝手な私です

今年は職場の影響もあり、2月の初めの仕事がお休みの日に次女と一緒に飾りました飾りながら、「おひな様かわいい~」といちオクターブ声が高くなり喜ぶ次女の姿が何ともかわいかったです
恥ずかしながら、今まではお道具の意味などあまり知らずに飾っていましたが職場の学芸員さんにいろいろ勉強させていただき、今年はなるほどと思いながら飾ることができました
いつの時代も娘の幸せを願う親心は同じなんだなぁと桃の節句の大切さを改めて知りました

IMG_1510_convert_20130222230739.jpg

そして先日、こちらにも我が家の子供たちが出没

IMG_1502_convert_20130222232353.jpg

職場のスタッフの皆さんにかわいがって頂きご満悦な3兄妹でした
本日、2月2日は我が家の双子の長男長女の4歳の誕生日でした
振り返るとアッという間に4歳を迎えた気がしますが、この子たちの出産は壮絶でした

妊娠6か月で緊急入院となり、救急車で長野県立こども病院へ搬送となりました
今だからブログにも書けるようになりましたが、「いつ生まれてもおかしくないので、すぐに入院してください」と先生に言われ訳も分からず入院。その後最悪の事態もあるのでこども病院の受け入れができ次第転院ですと・・・。
「なんで?!」と毎日泣いてました
結局2か月半の完全寝たきり生活の末、9か月で母体に刺す血管がなくなったことと陣痛がきたことで出産となりました。こども病院の先生や看護師さんは「もう大丈夫ですよ。お母さんよく頑張りましたね」といってくれましたが、2000gにも満たない子供たちは毎日検査と呼吸の補助具をつけていました。
何だか申し訳なくて出産後も泣く日々でした。。。
色々な看護師さんに助けてもらいお手紙を頂き、子供たちも頑張っているからちゃんとしなくちゃと思えました。
今でも私の宝物になっています。

あれから4年かぁ。
本当に元気にすくすくと育ってくれたことに感謝でいっぱいです。
毎日怒鳴ってばかりですが、確実に成長している姿にちゃんと褒めることも忘れちゃいけないなぁって反省です

これからますますお兄さん、お姉さんらしくなっていく子供たちに負けないように私も少しずつ成長しないとなぁと思いました

そして、決して1人では育ててこれなかった双子の育児。
夫と周りの人たちの協力にも本当に感謝だなぁと深く思う1日でした

IMG_1476_convert_20130202224107.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。